けものフレンズ

天気がいい。部屋に射し込む日の光が優しい。風も穏やかだ。鳥のさえずりが聞こえる。僕は相変わらず布団の上で横になって、換気扇の音を聞いている。

朝、空腹の胃にスコッチを混ぜたコーヒーを流した。その所為だろうか。さっきまでの僕は気がどうかして、酸欠で悶えていた。怖かったのだ。部屋を囲む本棚の視線が。

最近、けものフレンズを見る楽しみに安心感を覚える。かばんちゃんやサーバルちゃんとジャパリパークを探検する25分が待ち遠しくて仕方ない。これほど中身のないアニメはないとの意見をよく耳にする。確かに同じけものアニメでもマイリトルポニーとは雲泥の差があるだろう。しかし、言われずもがな過半数けものフレンズファンはそれを自覚している。それでも、このアニメの虜になって、「すっごーい!」「たのしいーい!」「きみは〜がとくいなフレンズなんだね!」を連呼するに至る"フレンズ"は着々と増えているようだ。その事実は一体何を物語っているのだろうか。(萌)アニ豚がまた流行りにのっかっているだけと考えるのは安直だろう。アニメの画像を見てわかる通り、フルCGのキャラ絵図に可愛い・愛くるしいの延長線上にある"萌え"要素を感じた人間がいるとは、僕にはまったく思えない。事実、萌え絵図だったゲームアプリ版の吉崎観音(ケロロ軍曹の作者)のデザインでも漫画版のキャラ絵でもまったくの不評だったわけで、これは先に流行った幼児性萌えアニメ"ごちうさ"とはまったく違った受けとられ方をしているのがわかる。

物語は基本的に三幕構成によって構築されている。物語を充実させるにあたって不可欠な要素は第二幕、三幕にあたる『対立、衝突』そして『解決』である。主人公が立ちはだかる困難を克服し、目的を完遂することで見者は感動を覚える。

日常系萌えアニメというのは『対立、衝突』を極力排する。視聴者は主人公の成長、克服を求めていないからだ。その代わり、(オタク的な)"笑い"だったり"萌え"によって物語を充足させる。キャラクターの愛くるしさを視聴者は楽しむのである。だから、日常系萌えアニメは物語性を排して登場人物のキャラクター性に重点が置かれている。しかし、けものフレンズの"中身のなさ"は日常系萌えアニメの比較にならない。かばんちゃんの存在の謎をつきあかすロードムービーという王道的な形式を取ってはいるが、物語の勾配がないばかりでなく、充足的な笑いの要素も萌えの要素(登場人物はすべて女性ではあるが)もほとんどないのである。では、何故、このような異形の物語が多くのファンを生んでいるのだろうか。その答えはすべて『すっごーい』『たのしいーい』に尽きる。

現代の日本人は当たり前であることを要求されすぎていて、承認欲求に飢えていると僕は考察する。'02年から施行されたゆとり世代の教育方針は'03年にリリースされたSMAPの"世界に一つだけの花"の「NO.1にならなくてもいい もともと特別なOnly one」という歌詞に包括されるだろうか。ゆとり教育の幕開けと共にこの曲は大ヒットを生んだ。しかし、結果的にゆとり教育の"誰もが素晴らしい"という幻想は競争社会をいっそう加熱させたと思っている。誰もが特別、Only oneであるとの社会意識は特別であることのハードルを格段に下げてしまったのだと思う。今月号のPOPYE('17 MARCH 二十歳のとき、何をしていたか?)の記事でピエール瀧氏が話していたことだが、ゆとり教育以前の『所詮、おまえみたいなものには価値がない』という前提の上での、そこから抜け出したいのなら努力しろ、ちゃんと向き合え、そうすればチャンスはあるかもよ、という教育は誰もが平等に"無価値な人間"で許されたのに対して、ゆとり世代では"誰もが平等で価値があり丁寧にパッケージングされている=特別な人間"である(べき)という意識を強要されたのである。元々、ダメな人でも大丈夫だよというゆとり教育の認識がダメな人間なんていないよ、ダメな人間なんて(社会には)存在してはいけないよ、自分で特別=普通であることを放棄するのは自己責任、という認識に変容したのだと思う。誰もが特別なことが普通な社会では、誰もが"ダメじゃない普通な人"であるために競争し、普通が普通以上に価値がない故に、承認欲求を満たせないのである。けものフレンズがファンを獲得したバックグラウンドはここにあると思う。けものフレンズの世界=ジャパリパークにはゆとり教育桃源郷が広がっていたのである。自分の出来る小さな小さなことを『すっごーい』と褒めてくれる、『たのしいーい』と喜んでくれる。普通に出来て当たり前と思わないでくれる友達に支えられている安心感によって、視聴者はけものフレンズに魅了されるのである。そして僕が取り憑かれたように見ているわけもそこにあるのだと書きながら気づいた。社会のレールから一度でも外れたら死に物狂いで普通に戻らなくてはいけない。死ぬ気で頑張っても普通以上の何の対価も得られない社会。そんな社会の切迫感の中でけものフレンズはとてもとても優しいのだ。 渡部夏樹