読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デモについて

  昨日、新宿にて最低賃金1500円を掲げるAEQUITASのデモ行進があった。僕も参加するつもりでいたのだが、今日がデモの日だということをすっかり忘れていて、その事を知った頃にはデモはおろか1日がほとんど終わっていたのである。本当に残念だった。

 SEALDsが中心となって動いた安保法案反対デモ以降、デモは東京のあらゆるところで見かけるようになった。デモといえば思想に凝り固まった気難しい人間の閉鎖的なコミュニティという雰囲気があったように思えるが最近は幅広い年齢層の多くの一般人が気軽に参加していている。というのもSNSによる開放的なメディア展開が親近感をもたらしているからだろう。AEQUITASのHPを見ればわかることだが、政策提言も政治に疎い一般人にもわかりやすいよう工夫した情報開示を行っている団体もいる。とても好ましいことだと思う。 渡部夏樹